一枚板テーブルを作るために使われる広葉樹の種類

一枚板テーブルを作るために使われる広葉樹の種類

一枚板テーブルとは、文字通り一枚の板で作られているテーブルのことです。かねてよりデザイン性の高さには定評があり、根強い人気を誇っています。単体で目をひくだけでなく、他の家具との相性もよく簡単におしゃれな内装空間を演出することが出来ます。一枚板テーブルの素材は自由に選ぶことが出来ますが、完成してから後悔することがないように最適の樹種は何かを確認しておくのは有益です。代表的な樹種では広葉樹に属するケヤキやクラロウォールナットなどを上げることが出来ます。ケヤキは日本国内でもおなじみですが、伐採後すぐに家具に加工することはしないで、十分乾燥させるのがポイントです。長期間掛かけて乾燥させた一枚板テーブルは、木目模様が美しく逸品というべきものです。クラロウォールナットは、くるみの一種で、品種改良してより大きな果実を実るようにしたのが、クロウウォールナットになります。食用としての需要は減少したものの、家具材と見直され一枚板テーブルにも使用されるようになりました。

広葉樹でできた一枚板テーブルはダイニングに最適

春はライフステージが変わるシーズンです。新たな人生の門出でもあり、それに伴って引っ越す必要がある人も少なく有りません。新たな住まいは今住んでいる家と全く間取りや広さが異なり、家具の買い替えなども必要になることもあります。新たな生活で思い切って高級な家具で買い揃えたいという人も少なく有りません。もしダイニングテーブルを買うのであれば一枚板のテーブルを買ってみるのもお勧めです。一枚板テーブルの板は一本の広葉樹から取るのも難しく希少性があるので高級です。しかも重厚感があり、その空間を一枚板テーブルが高級な雰囲気にしてくれるのです。一枚板テーブルに使われる広葉樹には、トチやウォールナットが代表的です。土地の場合には、白っぽく明るい雰囲気にしてくれます。使うたびに飴っぽい色に成ったり風合いが独特になってくるのも魅力です。ウォールナットはダークな濃い色であり、それを置くだけでクラシカルな重厚感を演出できます。

一枚板テーブルに関する情報サイト
一枚板テーブルを購入するときのポイント

このサイトでは家具のインテリアに、一枚板テーブルの購入を検討している方に向けて、商品選びのときに役にたつ基礎知識を色々なコンテンツを通じて御紹介しています。巨木から切り出した一枚板には、美しい木目や独特の模様など、見るものをしてひきつける魅力に満ち溢れているのは確かです。樹種によっても外観が違うので、原材料に着目する選び方もあります。広葉樹が原料に採用される傾向がありますが、ケヤキもそのひとつです。

Search